UGGブーツ


UGGブーツ

今、若い女性を中心に人気を集めているブーツがあります。それが「UGGブーツ」
流行というものは時代とともに変化していきますよね。
しかしこのUGGブーツは海外セレブが履きだしてからというもの、その人気は衰えることのないほど常に高い支持を集めています。
UGGブーツはオーストラリア発祥のムートンブーツ。
品質の良い羊毛と羊皮を贅沢に100%使用した、かわいくてとても実用的なブーツ。本命デートからお散歩のような普段使いまでとにかく活躍場面が多く、今ではおしゃれのマストアイテムとなっています!


ムートンブーツの特徴とは?

ムートンブーツの特徴とは?

寒い冬の日に足元が寒くてつらいという経験があるという方もいらっしゃるのでは?
部屋の中なら、暖房をつけたり、こたつに入ったりなどして暖めることもできるのですが、外に出ているときはそうもいきませんよね。
そうなると、足元を暖かく保つために厚手のソックスをはいたり、靴をブーツにしてみたりなどさまざまな工夫を凝らしていると思います。そんな外出時の足元を暖かく保つために便利なアイテムがムートンブーツ。
ムートンとは、羊の毛皮を加工したもののことをいいます。


このムートンという材質の特徴は、熱伝導率がとても低く、外からの温度の影響を受けにくいというところにあります。これは羊毛には縮れて波状になる性質があるので、表面はウロコが重なりあうような形状になり、中に空気を閉じ込める性質があるからだといわれているようです。
なので、外の気温は寒くても体から発せられる熱を中に閉じ込めて暖かく保つことができるというわけなんです。
このムートンで作った商品は、ブーツ以外にもコートやジャケット、シーツなどさまざまなものがあり、冬の防寒グッズとしてたくさんの人に愛用されています。
またムートンという素材は、体の熱を逃がさないのに吸湿性や放湿性に優れているので蒸れにくいという特徴も持っています。蒸れやすいブーツには、すごく適している素材といえるでしょうね。
毎年冬に備えてどんなブーツを買おうかと迷ってしまう人は、体の熱を逃がさず、吸湿性や放湿性に優れているムートンブーツを試してみてはいかがでしょうか?

UGGブーツとは・・・

誤解されがちなのですが、もともとUGGブーツというのはブランド名ではありません。
後に有名になった「UGG Australia」というブランドがあり、これをオリジナルのUGGだと誤解する人も多いようですね。
実際にはUGGと呼ばれるブーツを作るメーカーは、世界中に80ほど存在しているのだそうです。
その中でも「UGG Australia」は、UGGブーツをもっとも世界中に広めたことで誤解が生まれてしまったのです。でも実際にはアメリカ・カリフォルニアで立ち上げた会社で、UGGブーツ発祥の地元オーストラリアでは、「UGG(アグ)」の名称を使うことに反対する人も多く問題にもなっているんだとか。
これは「UGGは特定企業の物ではなく、オーストラリア古来の物である」との考え方からきているんですね。つまりUGGブーツは、「オーストラリアに起源を持つ、羊皮で作ったブーツ」の総称だということなのです。
代表的なUGGブーツメーカーとしては、先にあげた「UGG Australia」や「EMU(エミュ)」なんかが有名ですよね。